脊柱管狭窄症について

背骨は体を支える柱であると同時に脊髄の入れ物でもあります。背骨の中には脊柱管とよばれるトンネルがあって、中には脊髄が収まっています。
様々な理由でこのトンネルが狭くなると、物理的に硬膜や馬尾神経、脊髄の後ろにある静脈構造が圧迫されて、腰痛や足に痛みやしびれを生じる原因となります。

特徴

  • 50代以上
  • 腰と足に症状が出るケースもあれば、足にのみ症状が出る場合もある
  • 歩行によって両足の痛みが徐々に悪化して、歩行が困難となる
  • 座って一休みすればまた歩けるようになるが、歩き続けると再び痛みが悪化してくる
  • 体勢や体の動きに関わらず、足が持続的にしびれているケースもある

原因となる要素

  • 椎間板や腰椎の椎間関節(腰の骨の関節)の老化、劣化
  • それに伴う黄色靭帯(脊髄の後ろにある靭帯)のたるみや椎間関節の骨棘(骨のとげ)形成など
  • 丸い背中
  • 骨盤のゆがみや前後の傾き
  • 背骨の左右のゆがみ

 

治療への道筋は?

脊髄や神経根の収まっている空間が物理的に狭くなっているわけですから、これは基本的には構造的な問題です。

しかしカイロプラクティックの施術により背骨のゆがみや弯曲、骨盤の傾きなどを改善することで、狭くなっている空間を相対的に広くすることは可能です。

まずは問題なく歩行できる距離や時間をのばしていけるようにします。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
平野区のカイロプラクティック・ブリーズ

東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。