首の痛みについて

首の骨(頚椎)は7個ありますが、横から見れば通常は前へカーブしています。

首は頭と背中に挟まれていますから、当然頭の位置や背中の状態の影響を大きく受けます。

首の痛みやしんどさを訴える方の典型的なパターンはふたつあります。

  1. 丸い背中(猫背)と後ろに反った首の組み合わせ(首が短く見える)
  2. ストレートネック(首が長く見える)
姿勢はいいはずなのに首や肩がしんどい、または頭痛もするという方はストレートネックを調べてみて下さい。

ここでは丸い背中+後ろに反った首のパターンを取り上げてみましょう。

丸い背中と後ろに反った首

イメージしてください。背中がまん丸になったら自然に顔は下を向きますよね?

でもを下向いたまま生きていけませんから、人間は目線はまっすぐ前方、左右水平に保とうとします。つまり背中が丸くなればなる程、首は後ろに反らさなくてはなりません。

これは首にとってはとてもストレスの大きな環境なのです。

頚椎自体の関節にはもちろん、椎間板や後頭下筋群(後頭部にある筋肉)にも大きな負担となります。(これは頭痛めまいの原因ともなります)

首の痛みと背中(胸椎)の状態は深く関わっているケースが多いのですよ。

頚椎のカーブ

治療への改善への道筋は?

「首が痛い」イコール「首が悪い」ではありません。このようなケースでは背中の状態を改善しない限り、首の痛みの根本的な治療にはなりません。

  • 丸い背中の改善(胸椎の矯正)
  • 首や肩、胸の筋肉や筋膜の調整
  • 日常の姿勢、作業姿勢や座り方の矯正
  • 他とのバランスにおいて短くなっている筋肉の日常的なストレッチ

 

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市平野区のカイロプラクティック・ブリーズ

東住吉区や生野区、松原市や八尾市からもお越し頂いています。